gtag('config', 'UA-150281466-1');

2020年5月

第三十九章 引渡の儀

いよいよ、今月末に引き渡しとなった。内覧会からはいろいろと忙しかったが、ようやく新しい住まいが手に入る。 建物はほぼ出来上がっている。バリケードで入れないが、もう外溝の工事をしており、木も植えられた。あと2週間あれば十分きれいになるであろう。 帰宅途中に夜隆は見に行っている。誰も住んでいないので真っ暗だ。外観は白のタイルを基調としており、明るくていい。 引っ越し業者も見積もりに家まで来ており、ちょっと高いかと思ったが、13万で決着。トップシーズンなら20万掛かっていたかもしれないのでここは我慢。 引き渡し日の夕方にもう引っ越すことにしていた。月末で、来月分の賃料がかかりたくなかった。他の方はどうして […]

第三十八章 工事進捗

隆と知子は、コロナウイルスの影響で、外出を自粛していた。 ただ、中国からトイレの部材が届かないなど会社で聞いていて、こちらの工事の完了時期に変更が起きないかどうか不安でいた。  営業に聞くと、今のところ遅れていないとのこと。今後遅れたらどうするのか、遅れるということはいつまでに教えてくれるのか(アパートの更新しない旨の通知を1ヶ月以上前にしないといけないから)、色々聞いたが、遅れてはいないので、遅れが分かった時点ですぐお伝えするとのこと。「確かにそれしか言えないよね。」と知子。遅れていないから、遅れたらどうかという質問自体が愚かだった。  ただ、今では中国の工場が再開しつつあり、安定して供給が行われ […]