gtag('config', 'UA-150281466-1');

詐欺

第十八章 恐怖のローン審査結果発表

火曜日、昼12時 隆の携帯が鳴った。マンションギャラリーからだった。 「お仕事中すみません。ちょっと込み入った話なのですが、難しそうであればまた掛け直しします。銀行の審査から連絡がありまして、ここ数年の間に、何かお借り入れとかされていたりとか心当たりはありませんか?」 「??」心当たりがない。 「特に審査に影響はないだろうと思われますが、何かがちょっと出ているみたいなので確認なんです。」 「本当に嘘じゃなく、心当たりがないんですが」とても不安になる。 「分かりました。ありがとうございます。また何かありましたらご連絡させていただくかも知れません。よろしくお願いします。」 その晩、隆は知子にこんな電話が […]